キャリアとしての海外勤務

将来は海外で働きたい場合、キャリアはどのように形成すべきなのでしょうか?
実際、海外で医師として働く日本人はいますし、その後帰国してまた日本で医師を続ける人もいます。
余裕があるなら、海外での医師免許取得を目的とした勉強をある進めておいても損はないと思いますが、海外の医師免許取得に追われて日本で試験に落ちたら本末転倒です。
まず、日本で医師免許を取得することを前提に考え、それを活かしながらキャリアを積むことを考えて行動した方がいいでしょう。
日本で医師免許を取得した後で、海外での医師免許取得を目指す方がいいと思います。
海外での医師免許や医療行為は日本と考え方にも差があるため、どれだけ学んでいても精神的に付いて行けないなどのトラブルもありますが、きちんとリスクを考えた上で海外へ行くのであれば問題ないと思います。
それに加え、語学力の問題もありますし、学費や生活費を考えなければなりません。考え方の違いだけがリスクではないことを理解しておきましょう。
海外へ行くことだけがキャリアップではありませんので、一概に海外での医師免許取得をお勧めするわけではありません。
日本にいれば、最先端医療を学んでキャリアアップが出来る環境があります。
どちらを選ぶかはあなた次第ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です