キャリアの積み方は重要です

せっかく難関な入学試験に合格して、猛勉強して医者になったのなら良い医者になりたいと思うでしょう。良い医者になるためにはどのようなキャリアを積むと良いでしょうか。選択を誤ると良い医者にはなれません。また、人と同じキャリアの積み方が自分に合っているとは限りません。自分の進む道は自分でしっかり見つめていかないとならないのです。将来どのような医者になりたいのかはっきりとイメージしましょう。イメージすることができたらあとはどのようなスキルが必要かを考えていけばよいのです。どのようなスキルが必要かわからないのなら、ベテランの人に自分がどのような医者を目指しているのか話してみましょう。良いアドバイスを貰えると思います。医師のキャリアパスを支援するサイト(参考:http://www.thetkreview.com/)が多く出てきました。どのような医者になりたいかはイメージできても、どのようにすればなれるのかわからない人が多いのでしょう。わからなければ、せっかくイメージができていても漠然と働いているだけになってしまいます。自分がどのような医者になりたいのか、どのような医者が向いているのか、医学部入学前からある程度考えておくと、ぶれずに学べるのではないでしょうか。実際に医学を学ぶと、自分が目指したものと違っている側面が見えてくると思います。そこで、目指すものを変えるか、貫くかはその人次第でしょう。医師国家試験に合格する頃にはどのようなキャリアを積んでいくのかを決めておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です